事業主向けx個人向け

給与ファクタリングの手数料は高い?一般的な相場と即日現金化ができる業者について

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

給与ファクタリングの手数料は高い?一般的な相場と即日現金化ができる業者について

給与ファクタリングを利用したくても、手数料が高いと躊躇してしまいますよね。

一般的な手数料の相場はどれくらいなのでしょうか。給与ファクタリングの手数料はなぜ高いといわれるのでしょうか。少しでも抑えられるならポイントを知りたいですよね。

今回は給与ファクタリングの相場についてご案内いたします。

給与ファクタリングの手数料は高い?

給与ファクタリングは本当に手数料が高いのでしょうか。まずは給与ファクタリングの手数料の相場と、なぜ手数料が高いのかについてご紹介いたします。

給与ファクタリングの手数料の相場

給与ファクタリングの手数料は業者ごとに異なります。

基本的に手数料の水準は20%くらいであるといわれているため、業者を選ぶ際は20%までを基準にしましょう。中には10%台の手数料を設けているところもあるので、安価なところを探すことをおすすめします。

給与ファクタリングの手数料はなぜ高い?

手数料を決めるのは業者

借金やローンは法律で利息の上限が決まっていますが、給与ファクタリングは借金ではなく債権の売買を行うサービスなので、今の段階では法的な制限がありません。そのため、サービス提供を行っている業者が自由に手数料を決めることができるようになっています。

高額な手数料を設けている業者では50%を超えるところもありますので、給与ファクタリングを利用する際は必ず手数料の確認をしておきましょう。

取引内容の違い

給与ファクタリングでは2者間取引が多くみられます。2者間取引はファクタリング業者と利用者のみで取引を行うので、利用者の勤め先に給与ファクタリングを利用していることが知られることはありません。ですが、2者間取引は3者間取引に比べて返済のリスクが高いので、手数料が高くなる傾向にあります。

利用金額の違い

1人の人が同じ業者の給与ファクタリングを利用したとしても手数料は異なります。理由として多いのは、利用金額の違いです。

10,000円の利用と100,000円の利用を例に考えてみましょう。

申請から審査を経て契約書を交わして現金化するという流れはどちらも同じ手順を踏むことになりますが、ファクタリング業者にとっては一度に高い金額を利用してもらった方が手間をかけずに儲けが大きくなります。利用金額が高額になるほど手数料を安くしても十分な儲けが出るため、利用金額によって手数料が異なるということになります。

雇用形態の違い

高額の利用をしても、中にはそれほど手数料が安くならないということもあります。その場合に考えられる理由は属性についてです。

給与ファクタリングには属性が正社員でなく、アルバイトやパートでも利用することができる業者もあります。

正社員は毎月安定した収入があり、仕事をすぐに辞めないと考えられています。対して、非正規は時給計算の給与になるので毎月安定した収入があるとは限りません。また、正社員に比べて仕事を辞めやすいなど、非正規雇用は返済リスクが高いと考えられています。そのため、正社員に比べて非正規は手数料も高額に設定されていることが多くなっています。

給与ファクタリングの手数料は安くできる?

高額になりやすい給与ファクタリングの手数料。どうすれば下げることができるのでしょうか。こちらで3つの方法をご紹介いたします。

手数料を抑えるポイント

3者間ファクタリングを利用する

先ほど手数料が高い理由として「2者間取引は返済リスクが高いので手数料が上がる」という説明をしましたが、給与ファクタリングには2者間取引以外に3者間取引も存在します。

3者間取引では給与ファクタリング業者と利用者以外に、利用者の雇用先も含めた取引を行います。3者間取引をすると、雇用先は利用者に給与を支払わずに給与ファクタリング業者に利用料金を支払うことになります。そのため、ファクタリング業者は2者間に比べて返済のリスクを下げることができます。

3者間ファクタリングは雇用先の承諾がなければ利用することができないので、雇用先に給与ファクタリングを利用していることが知られてしまいます。デメリットに感じられるかもしれませんが、3者間ファクタリングであれば手数料を10%以下に抑えることが期待できます。

提出書類を追加する

給与ファクタリングを利用する際は、まず審査に通らなくてはなりません。

審査は金融機関ほど厳しいものではなく、一般的に身分証明書、給与明細、銀行通帳のコピーなどの提出が求められます。場合によってはヒアリングなども行われます。

必要書類に加えて追加書類を提出することで、より多くの信用を得られるようになります。ですが、追加書類を提出したからといって必ずしも手数料が安くなるわけではありませんので注意してください。追加書類によって手数料を下げたい場合は、事前にファクタリング業者と相談しておきましょう。

追加書類として使えるものは以下のとおりです。

  • ①住民票
  • ②社員証
  • ③勤め先の名刺
  • ④必要書類以上の給与明細
  • ⑤公共料金の領収書

あくまでも一例ですので、実際の書類とは異なることもあります。追加書類は勝手に用意するのではなく必ず業者に確認してください。

業者と交渉する

手数料を下げる方法でもっとも手間がかからないのが「交渉」ではないでしょうか。

初めて給与ファクタリングを利用する場合、手数料を交渉するということは考えにくいかもしれません。ですが手数料は業者が自分たちで設定しているので、きちんと事情を話せば融通が利くケースも存在します。中には1度に高額な利用をするのであれば相談に応じてもらえるということもあります。

実際に、口コミ掲示板などでは「交渉することで手数料を下げることができた」という意見も多く投稿されています。

ただし、高圧的な姿勢では相手も話を聞いてくれなくなってしまうので、こちらがお願いするということを踏まえたうえで交渉をしましょう。

また、交渉をしたからといって必ずしも手数料が下げられるわけではないので注意しましょう。

即日現金化が期待できる個人向けファクタリング業者をピックアップ

シンプルペイ

シンプルペイは給与ファクタリングではなく、後払い現金化サービスです。

利用方法は、まず指定の通販サイトで商品を後払い購入し、別の会社に購入した商品を売却して現金を得る流れになります。商品の売却先はシンプルペイから指定されるので、利用者は探す必要がありません。後払い購入した商品代金は、後日指定の口座に振り込みます。

この流れから分かるように、シンプルペイでは通販サイト(後払い購入先)、利用者、商品買取業者(商品売却先)の3者で取引を行います。通販サイトは商品の取り扱いが豊富なので、利用したい料金に合わせて選べます。最低10,000円から利用することができるので、たくさん利用する必要がない場合に便利です。

土日祝対応かつ最短30分で審査が終了するので、休日など金融機関の窓口が開いていないときでも利用できるという特徴があります。

公式サイトによると「お客様満足度97%」という高い水準を誇っているところも信頼できる点ではないでしょうか。

給与所得者であれば正規雇用でなくても利用することができるので、派遣社員やアルバイトであっても利用可能です。シンプルペイの手数料は20%からとなっています。

ひよこペイ

ひよこペイもシンプルペイ同様、後払い現金化サービスです。

ひよこペイの特徴は、稼げる情報商材を販売しているところです。豊富な種類の商材が用意されており、料金プランは4種類です。公式ホームページには「そのほかのプランはご相談ください」と記載があるので、内容によっては4種類のプラン以外も利用できるかもしれません。

ひよこペイでは販売されている情報商材を購入することで、キャッシュバックサービスを受け取ることができるという現金化方法になります。

情報商材なので、実際に商品を使って利益を出すことも可能です。また、購入した情報商材は再販可能なので購入後に販売することもできます。

ひよこペイは給与所得者であれば利用できるので、正規雇用以外にアルバイトなどでも利用可能です。審査に必要な書類に給与明細書がありますが、口コミによると「給与を手渡しの場合は提出なしで済んだ」という情報もあります。ひよこペイの手数料は20~40%です。

後払いGOOD

後払いGOODは後払い現金化サービスです。商品を購入後、購入した商品のレビューを書くことで宣伝費用として現金を得られるしくみになっています。

販売されている商品は2種類あり、1つはインターネットの豆知識やお得情報が掲載されているオリジナル電子書籍、2つ目は後払いGOODの運営会社である合同会社Y.M.Dが開発した商品検索システムです。どちらも販売価格は同じで、32,000円となっています。宣伝広告費用は9,000~20,000円と差がありますので、利用前にどれくらいの報酬が受け取れるかを確認しておく方がよさそうですね。

在籍確認は、属性によって行われるようです。ただし、よほど状態が悪くなければ行われないとのことなので、職場に知られたくないという場合でも安心できますね。また、正規雇用以外にも利用することができるようになっています。後払いGOODの手数料は20~40%になっています。

キャッシュフィールド

キャッシュフィールドは経費精算ファクタリングです。出張などで立て替えた交通費、宿泊費などの経費精算権をキャッシュフィールドに販売することでキャッシュフィールドから現金を受け取ることができます。

経費が存在しない在宅勤務や派遣社員であっても利用することが可能ですが、その場合は経費の領収書ではなく、ほかの領収書を用意する必要があります。たとえば携帯電話の利用料金や光熱費の領収書などでも構いません。

公式ホームページには「パート・アルバイト不可」とされていますが、口コミでは「アルバイトでも利用できた」という情報もあります。正規雇用ではない場合、一度相談してみることをおすすめします。キャッシュフィールドの手数料は20~40%とされています。

トーマス

トーマスは経費精算ファクタリングです。接待費用など一時的に立て替えた費用以外に携帯電話の料金や交通費などでも利用することができます。また、給与所得者であれば利用ができるので、正規雇用だけでなく派遣社員やアルバイトでも利用可能です。

トーマスでは利用プランが用意されているわけではありませんが、利用頻度が高いのは「30,000円に対して19,000円の受け取り」です。差額の11,000円が手数料になります。手数料は利用回数などによって変わることもあるようです。

トーマスは経費精算ファクタリングですが、領収書の内容を細かくチェックしているわけではありません。相談次第では領収書がない場合でも利用ができるという情報もあります。もし領収書が用意できない場合は事前に相談をしておきましょう。トーマスの手数料は20~40%となっています。

ラピス

ラピスも経費精算ファクタリングです。最短15分のスピード審査が特徴で、至急現金が必要になったときも、すぐに現金を受け取ることができます。

在籍確認がないとされていますが、属性や状態によっては確認が行われることもあるようです。また、ラピスではパート・アルバイトの利用は不可となっています。

土日祝も営業しているので、連休中などで急に現金が必要になった際も便利ですね。ラピスの手数料は10~40%です。

ラピスは領収書の提出が必須なので、領収書がなければ利用することができません。手数料のことを考えると1度に利用する際は最低30,000円以上の領収書を用意しておいた方が良いでしょう。1枚ではなく、複数の領収書で利用することも可能です。領収書はスクリーンショットでも利用できます。

給与ファクタリングは手数料だけで見ると高く感じられるかもしれませんが、上手に利用すれば手数料を下げることもできます。

給与ファクタリングは頻繁に利用するのではなく、きちんと計画を立てて利用することが大切です。何度も繰り返し利用すると支払いの負担が大きくなるので、計画的に利用してくださいね。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.