事業主向けx個人向け

【廃業】ラピス

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

領収書・経費ファクタリングのオススメ業者ランキング!

領収書・経費ファクタリングがご利用できるオススメ業者を、利用者の口コミ評判からランキングを作成しました!

【最新版】給料ファクタリングの会社比較ランキング

給料ファクタリング会社の比較ランキングを作成しました!ランキングは実施中の「給料ファクタリングに関する利用者アンケート」より、利用者の口コミやアクセスが最も多かった順で順位付けを行っています。またランキング作成にあたって、重要な基準・調査ポイントとしたのは以下の4点です。

入金スピード
○即日で給料ファクタリングが利用できるか
○土日祝日でも対応してくれるか
買取手数料
○ファクタリング手数料の平均相場を調査し判断
口コミ評価
○悪質な会社でないか調査
〇口コミで評価が高い会社か調査
信頼性・安全性
○運営会社の信頼性
○これまでの運営実績
○厳しい督促や違法な取立を行っていないか

経費・領収書ファクタリングのおすすめ会社

経費精算ファクタリング会社の特徴や手数料などをご紹介。

【廃業】ラピス

サムネイル
  • 現金化金額

    1万円~5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    20%~

  • 入金スピード

    最短即日

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    本人確認書類、給料の振込確認書類、精算書

  • ご利用対象者

    給与所得者

  • ご利用対象外

    パート・アルバイト

  • 営業時間

    9:00~19:00

  • 対応エリア

【廃業】ラピスの特徴
・最短15分のスピード審査
・来店不要!オンラインで解決
・土日祝日も19時まで営業

【廃業】クイックペイメント

サムネイル
  • 現金化金額

    1万円~5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    20%~40%

  • 入金スピード

    最短15分

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    本人確認書類、給料の振込確認書類、精算書

  • ご利用対象者

    給与所得者

  • ご利用対象外

    パート・アルバイト

  • 営業時間

    10:00~20:00

  • 対応エリア

【廃業】クイックペイメントの特徴
・土日祝日も夜8時まで営業
・審査が済めば20時まで振込対応可
・希望者はLINE上で書類を提出してもOK

【廃業】キャッシュフィールド

サムネイル
  • 現金化金額

    初回:3万円〜5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    20%~

  • 入金スピード

    最短15分

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    本人確認書類、清算書、給料明細

  • ご利用対象者

    給与所得者(非正規労働者も可)

  • ご利用対象外

    -

  • 営業時間

    10:00~20:00 ※年末年始を除く

  • 対応エリア

【廃業】キャッシュフィールドの特徴
・土日祝日も夜8時まで営業
・2社間取引なので誰にも知られず利用可能
・金融ブラックの方もOK

【廃業】トーマス

サムネイル
  • 現金化金額

    初回:2万円〜5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    20%~40%

  • 入金スピード

    最短15分

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    本人確認書類、給料の振込確認書類、精算書

  • ご利用対象者

    給与所得者

  • ご利用対象外

    -

  • 営業時間

     9:00~20:00

  • 対応エリア

【廃業】トーマスの特徴
・定休なし!土日対応可能
・必要書類が少なめで手間がかからない
・オンライン契約のため来店不要

【廃業】atom(アトム)

サムネイル
  • 現金化金額

    1万円~5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    20%~40%

  • 入金スピード

    最短即日

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    本人確認書類、給料の振込確認書類、精算書

  • ご利用対象者

    給与所得者

  • ご利用対象外

    パート・アルバイト

  • 営業時間

     9:00~19:00

  • 対応エリア

【廃業】atom(アトム)の特徴
・最短15分のスピード審査
・土日・祝日も対応可能
・金融ブラックでも対応OK

【廃業】オールファクター

サムネイル
  • 現金化金額

    初回:2万円~5万円

  • ファクタリングの種類

    給料債権

  • 手数料

    7%~

  • 入金スピード

    最短即日

  • 在籍確認

    なし

  • 審査書類

    身分証明書、給与明細書、領収書・レシート

  • ご利用対象者

    給与所得者(非正規労働者も可)

  • ご利用対象外

    -

  • 営業時間

    10:00~20:00(年中無休)

  • 対応エリア

【廃業】オールファクターの特徴
・来店不要で申し込みOK
・土日祝日も営業
・経費になるものであれば何でも買い取り

経費の立て替えが苦しい時に! 領収書・経費ファクタリングの利点と注意点

一般的な会社の場合、仕事のための支払いは経費として分類されます。移動費、会食費など社外で発生した経費については、社員が一時的に立て替えることも少なくありません。常識的な範囲であれば問題ありませんが、特に立て替えが多い業種では社員の生活を圧迫してしまうこともあります。そうしたケースにおいて役立つのがファクタリングサービスのひとつである領収書・経費ファクタリングです。こちらでは、領収書・経費ファクタリングの概要や特徴、メリット・デメリットなどについてお話します。

経費の立て替えが問題になることも

日本の多くの会社では社員による経費の立て替えが慣習的に行われています。経費は本来、会社の支払いです。立て替えは効率化のために行われている一時的なものであり、原則として会社によって精算されます。給料日に合わせて月次で精算されるのが一般的です。

社員が立て替える代表的な経費として以下のようなものが挙げられます。

  • ● 交通費
  • ● 支給された携帯電話の費用
  • ● 会食代・飲み会代

移動が多い業種や社内外での交流が多い企業では、特に経費の立て替えが頻繁に行われます。常識的な範囲の支払いであれば社員の生活を圧迫することはありません。しかし、社員の経済状況や、企業の立て替え件数の多さによっては、経費の支払いによって社員が困窮してしまうこともあります。

こうした場合、通常は経理部など社内の適切な部署に相談するのが適切です。会社による先払いとった代替案があります。しかし、建て替えが慣例的になっている大企業などでは、支払いに困窮していたとしても相談できない社員は少なくありません。

月次の精算では生活に負担が生じてしまうケースもあります。こうした問題は「経費ハラスメント」とも呼ばれています。

経費ハラスメントを改善する領収書・経費ファクタリング

企業の資金調達方法としてファクタリングが一般的になっています。ファクタリングとは、企業が保持している売掛債権をファクタリング会社に売却する手続きのことです。基本的に法人向けのサービスですが、個人が利用できるものもあります。

個人向けファクタリングサービスのひとつが領収書・経費ファクタリングです。経費立て替えの際の領収書をファクタリング会社に売却することにより、資金を手に入れられます。上述した経費ハラスメントに悩まされている方にとって解決策となり得るサービスです。

以下では、この領収書・経費ファクタリングの仕組みや特徴についてお話ししていきます。

領収書・経費ファクタリングの仕組み

通常のファクタリングは売掛債権の譲渡・売却手続きです。領収書・経費ファクタリングはファクタリング会社に立て替えで発行された領収書を提出し、現金を受け取ります。後日、会社による精算が行われた際に、精算額をファクタリング会社に支払います。新興のサービスのため細かな仕様はファクタリング会社によって異なりますが、この基本的なシステムは共通です。

法人向けファクタリングと同じように、領収書・経費ファクタリングにも手数料が発生します。手数料は提供額から差しかれるケースが一般的です。また、ファクタリング会社への返済時に手数料を上乗せするケースもあります。

ファクタリング会社の利益となるのは、この手数料に代表される受け取った額と返済額の差額です。手数料は領収書の額やそのほかのさまざまな要素によって決まります。また、領収書の全額が現金化されるとは限りません。

借金とは異なる

ファクタリングと比較されることが多いのが、金融機関からの融資や借金です。現金を受け取り、後に返済することから、借金と類似したサービスとして一般的にイメージされています。しかし、ファクタリングと借金は似て非なるものです。

ファクタリングは元来、売掛債権を売却して現金化するサービスです。領収書・経費ファクタリングも領収書を売却するサービスであり、借金とは異なります。金券を現金にするサービスのようなイメージです。

また、一般的な融資には貸金業法が適応されます。貸金業者として認められなければ、融資のサービスを提供することはできません。対して、ファクタリングのサービスには貸金業法が適応されないため、参入業者が多く、各業者間で競争が生まれています。

ファクタリングと借金では審査の点も異なります。借金や融資を利用するためには、これまでの信用情報を含めた審査が行われます。ブラックリストの履歴がある場合、基本的には融資を受けられません。対して、ファクタリングでは信用情報を参照するようなシビアな審査は行われず、ブラックリスト入りの状態でも利用できる可能性があります。また、ファクタリングを利用しても信用情報への影響はありません。

買い取ってもらえる領収書の種類

領収書・経費ファクタリングではどのような名目の領収書を買い取ってもらえるのでしょうか。どのような名目だとしても会社からの精算時に返済することが前提のため、名目が問題になることは基本的にありません。実際の対応はファクタリング会社によって異なります。詳細はファクタリング会社に確認が必要です。

一般的な買取対象は以下のような名目の領収書です。

  • ● 交通費
  • ● 飲食代
  • ● 携帯代金
  • ● 宿泊費
  • ● 交際費

基本的には、会社に精算してもらう予定の会社の経費がすべて買取対象となります。

領収書を持っていない場合

立て替えの対象によっては領収書が発行されないこともあります。また、領収書の発行を忘れてしまうこともあるでしょう。このように、領収書を持っていない場合、領収書・経費ファクタリングを利用できるのでしょうか。

対応状況はファクタリング会社によって異なりますが、領収書がない場合も利用できるケースは少なくありません。いくつかのファクタリング会社はそもそも領収書の提出が不要です。領収書が求められる場合も、自作の領収書で対応できるケースがあります。

現状、領収書・経費ファクタリングでは、ファクタリング会社が提出された領収書の有効性について調べることは基本的にありません。上述したように、ファクタリング会社としては「返済してもらえれば問題ない」というスタンスのため、領収書の実態に関しては寛容なケースが多いようです。ただし、領収書の自作は有印私文書変造罪に該当するため、注意が必要です。

このように、領収書がない場合の領収書・経費ファクタリングの利用については、現状グレーゾーンであるといえます。結論をいえば、法律的な問題から領収書を持っていない場合、領収書・経費ファクタリングを利用できないということになるでしょう。ファクタリング会社が許容している場合も上述したような罪に問われるリスクを覚悟する必要があります。

有印私文書変造罪・有印私文書偽造罪

私人間でやり取りされる書類を偽造、あるいは変造すると、私文書偽造罪・私文書変造罪が適応されます。どちらも、文書の信頼性を維持するために設けられている法律です。偽造罪は権限のないものが私文書を作成する罪、変造罪は権限のないものが変更を加える罪です。

領収書の偽造・変造には有印私文書偽造罪・有印私文書偽造罪が適応されます。いずれも、3カ月以上、5年以下の懲役です。

このリスクを考えると、領収書なしのファクタリングを正当なサービスと断言することはできません。ファクタリング会社が対応しているからといって鵜呑みにせず、自身で慎重に判断するようにしましょう。

領収書・経費ファクタリングの手数料

上述したとおり、領収書・ファクタリングには手数料が発生します。手数料の額は領収書の金額によって変わり、一般的には20%~40%が目安です。領収書・経費ファクタリングはまだ対応業者が少なく、相場はそれほど明確になっていません。

カードローンなど一般的な融資の利息と比較すると高額な手数料が発生するため、他の方法とあわせて検討する必要があります。信用情報への影響などのリスクを許容できるのであれば、融資を選んだほうが金銭的な負担は軽微で済むでしょう。

手数料の設定については、ファクタリング会社が申込者の返済リスクをどの程度と判断するのかによります。手数料の高さが資金提供スピードや資金提供の確実性に直結しているため、必ずしもデメリットと断言することはできません。

領収書・経費ファクタリングの限度額

領収書・経費ファクタリングの限度額はどの程度なのでしょうか。

ファクタリング会社にもよりますが、基本的にファクタリング会社のリスクの観点から額面全額は買い取ってもらえません。1~5万円が現状の平均的な限度額です。

経費ハラスメントの原因になるとはいえ、極度に高額な立て替えは社員の生活を明らかに破綻させてしまいます。そこまでの状態に至っているのであれば、会社に相談を検討するのが自然です。あまりに多額の立て替えを行っているケースは現実的ではないため、領収書・経費ファクタリングの限度額が問題となることはほとんどないでしょう。

領収書・経費ファクタリングの審査

領収書・経費ファクタリングは借金と異なり、申込者の信用情報を審査することはほとんどありません。

ただし、返済が求められるため、リスク管理の点から申込者の情報をファクタリング会社が簡単に調べることはあります。

調査の結果、以下のような事実がわかった場合は、返済リスクを懸念された審査に落ちるケースがあります。

  • ● 低収入
  • ● 借金が多い
  • ● 他社でファクタリングを利用した履歴が多い

領収書・経費ファクタリングの在籍確認

ファクタリング会社によっては、申込者の職場に在籍確認を行うことも予想されます。代表的な確認方法はファクタリング会社から所属会社への電話です。電話で話す内容はファクタリング会社によって異なりますが、社名を名乗ったうえで申込者が在籍しているか質問するのが一般的な流れです。ファクタリング会社であることを申し出ないとしても、何らかの疑念を職場に与えてしまう可能性はあります。領収書・経費ファクタリングの利用を職場に知られたくない場合は、在籍確認の有無や方法についてあらかじめ確認が必要です。

ファクタリング会社によっては、以下のような方法での在籍確認を実施してくれるケースがあります。

  • ● 勤務先から自分で架電
  • ● 名刺・社員証の提出

会社に領収書・経費ファクタリングの利用を知られたくない場合は、このような方法に対応できないか打診してみてください。

領収書・経費ファクタリングのメリット・デメリット

領収書・経費ファクタリングはまだ新しいサービスであり、情報がそれほど共有されていません。経費の立て替えに困窮している方にとっては魅力的なサービスですが、トラブルなく利用するためにはメリットとデメリットの双方を正確に把握しておく必要があります。領収書・経費ファクタリングのメリット・デメリットについてご案内します。

メリット

領収書・経費ファクタリングの代表的なメリットは以下のような点です。

立て替えのピンチを回避できる

借金や融資のサービスは数多くあります。一方で、経費の立て替えピンチに着目したサービスであるという新しさは、領収書・経費ファクタリングの特徴です。「たまたまプライベートの支払いが多い月に重なってしまった」「ここまで経費の立て替えが多いことは今後考えづらい」といったように、借金をするほどではない、といったケースに適しています。

最短即日で現金化可能

ファクタリング全体の特徴ともいえるのが資金提供までのスピードです。どのファクタリング会社も資金提供の早さを売りにしています。申し込みのタイミングによっては、最短即日で領収書を現金化することも可能です。他の融資サービスだと現金が手に入るまで時間がかかることも多いため、急ぎでお金が欲しい場合には領収書・経費ファクタリングが適しているといえます。

信用情報がブラックでも利用可能

一般的な融資と異なり、領収書・経費ファクタリングでは申込者の信用情報が参照されることはありません。債務整理などの履歴があれば、信用情報が大きく傷つきます。また、クレジットカード返済の数日の延滞など、些細な金融事故でも信用情報の履歴には長く残るため、意図せずブラックリスト入りしてしまう人は少なくありません。こうした状態でも問題なく利用できるのは、ファクタリングの利点のひとつといえます。

信用情報への影響がない

借金や融資を利用したり、返済を滞納したりすると、信用情報がブラックリスト入りするケースがあります。一度ブラック入りすると、5年程度は解除されません。この間、新しいクレジットカードの発行など信用情報を参照する契約の多くが制限されてしまいます。対して、領収書・経費ファクタリングを利用したとしても、信用情報への影響はありません。信用情報をクリーンに保ちたい方にも適しています。

周りに知られずに利用可能

融資やファクタリングなどのサービスを利用していることは、あまり周りに知られたくない事実かもしれません。会社に連絡がいくような在籍確認方法を回避すれば、職場に知られずに領収書・経費ファクタリングを利用可能です。

総量規制の対象にならない

貸金業者を規制する貸金業法において、総量規制という法律が制定されています。こちらは、融資額を申込者の年収の3分の1以内に制限する法律です。過剰融資によるリスクを回避するために制定されています。総量規制はあくまで融資や借金に関して制定されている法律のため、領収書・経費ファクタリングについては対象外です。他の貸金業者から融資を受けていたとしても、総量規制の制限によって提供額が小さくなることはありません。

デメリット

領収書・経費ファクタリングには、以下のようなデメリットがあります。

手数料が高額

現在、借金の金利は出資法、利息制限法という2つの法律によって制限にされています。一部のヤミ金業者を除き、金利の上限は20%です。一方で、領収書・経費ファクタリングについては法律による制限が現在のところなく、領収書額の20%~40%という高額な手数料が設定されています。小口の取引が多いことから実際の手数料が大きな額になることはないでしょう。また、この手数料設定によって資金提供の確実性やスピードが担保されているとも考えられるため、一概にデメリットであるとはいえないでしょう。しかし、金利や手数料の負担を軽減したい場合は、他の方法も含めて検討してみる必要があります。

高額な現金化は困難

領収書・経費ファクタリングでは、現実的な範囲での経費立て替え額が想定されています。ファクタリング会社の対応にもよって異なりますが、1件10万円を超えるような現金化はできない場合が多いでしょう。

領収書・経費ファクタリング利用の流れ

領収書・経費ファクタリングの利用の一般的な流れをご紹介します。

  • 1
    申し込み

    まずは、ファクタリング会社に利用の申し込みを行います。現在は、インターネットでの申し込みが一般的です。ファクタリング会社を比較しているサイトなどから優良な業者を探し、申し込みを行いましょう。通常、ファクタリング会社のホームページには申し込みフォームが設けられています。名前や生年月日、住所、メールアドレス、電話番号など必要事項を入力し送信してください。

  • 2
    ファクタリング会社からの連絡

    申し込みフォームの入力によって次のステップに進む場合もありますが、通常は一度ファクタリング会社からの電話コンタクトがあります。申し込みフォームで入力していない情報をヒアリングされます。また、領収書・経費ファクタリングの利用についてわからないことがあれば、この段階で質問してください。領収書・経費ファクタリングにシビアな審査はありませんが、電話で話した内容によっては信用度に影響します。はっきりとした受け答えで、虚偽がないようにしましょう。

  • 3
    書類提出

    領収書・経費ファクタリングの審査では、各種書類の提出が求められます。代表的な提出書類は以下のようなものです。

    • ● 領収書
    • ● 身分証明書
    • ● 給与明細
    • ● 名刺

    なお、基本的に原本の提出は求められません。多くの業者はWebアップロードでの書類提出に対応しています。データでこうした書類が発行されている場合は、ファイルを直接送る方法や、スクリーンショットを送る方法で提出できます。紙媒体をデータ化したい場合は、スキャナーを利用してください。

  • 4
    審査

    申し込み情報や必要書類が出そろった段階で、簡単な審査が行われます。信用情報を参照しないため、審査結果が通達されるまでにそれほど時間はかかりません。申告した内容に不審な点がなければ、通常は問題なく審査に通過できるはずです。ただし、ファクタリング会社によっては在籍確認が実施されますので、会社に知られたくない場合はあらかじめ方法について相談しておく必要があります。

  • 5
    買取契約

    審査に通過した場合は、買取契約に移行します。ファクタリング会社から提示された買取額に納得した場合は契約に進んでください。なお、多くのファクタリング会社は電子契約に対応しています。契約書についてもPDFデータで送られてくる形式が一般的です。その後、申込時に指定した口座に、買取額から手数料が差し引きされた金額が振り込まれます。

  • 6
    ファクタリング会社への支払い

    最終的にファクタリング会社への支払いが必要です。領収書の精算日にファクタリング会社への支払いを行いましょう。一般的には、給料日が支払いの期日として指定されています。

領収書・経費ファクタリングで知っておかなければならない注意点

経費の立て替えに悩む方にとって、領収書・経費ファクタリングは一刻も早く利用したいサービスかもしれません。一方で、利用に関しては慎重にならなければならない面もあります。以下では、領収書・経費ファクタリングの利用に際して知っておいていただきたい注意点について案内します。

法律的な問題

領収書・経費ファクタリングは新興のサービスであり、法整備が追い付いていない面があります。過去には、領収書・経費ファクタリングと同じように個人向けのファクタリングサービスである給与ファクタリングが、「実質的には法外な金利での融資である」として摘発を受けた事件がありました。上述したように、本来は貸金業法が適応されない領収書・経費ファクタリングですが、今後の風潮によっては解釈が変わってくることも考えられます。

業者が摘発されたとしても、利用者側にリスクが及ぶことは通常ありません。ただし、今後利用できなくなる可能性があるサービスであることは知っておきましょう。

悪徳業者の存在

上述したとおり、領収書・経費ファクタリングは現在のところ法整備が追い付いていません。業界を問わず、こうした新興のサービスには多くの業者が参入します。優良な業者の一方で、悪徳業者が存在しているのも事実です。

領収書・経費ファクタリングの悪徳業者は以下のような手口を行使してきます。

  • ● 高金利
  • ● 個人情報の悪用
  • ● 説明のない料金の上乗せ

こうした手口にひっかからないために、信頼できるファクタリング会社を選びましょう。比較サイトなどで口コミを見て、実際に利用した人の声から信頼性を確認してください。ホームページの有無や装丁も信頼性を判断する材料になります。連絡先や所在地がホームページに明記されていない会社は信頼性に欠けます。

領収書・経費ファクタリングの利用には慎重な判断が必要

領収書・経費ファクタリングに限らず、ファクタリングは現金化のスピードに優れる資金調達方法です。特に、領収書・経費ファクタリングは領収書の現金化に特化しており、一般的な会社員にとって身近なサービスであるといえます。しかし、手数料が高額な点から、簡単に利用することはおすすめできません。

毎月申し込むような無計画な利用方法だと、結果的に大きく損をしてしまうことも考えられます。信用情報に問題がない場合やブラックリスト入りを気にしない場合は、他の融資も含めて検討が必要です。

経費の立て替えが負担になることが日常的になっている場合は、そもそも職場の問題があるともいえます。いうまでもなく経費は会社が負担する金額であり、一時的であったとしても本来は社員の負担になることは好ましくありません。

領収書・経費ファクタリングや融資サービスを利用する前に、可能であればまず会社の経理部などに経費の立て替えが負担になっていることを伝えましょう。前払いやクレジットカードの貸与などで対応している会社は少なくありません。経費の立て替えがかさみ、お金がない時こそ冷静な判断が求められます。

領収書・経費ファクタリングのおすすめ業者

領収書・経費ファクタリングでおすすめの業者をご紹介します。

キャッシュフィールド

キャッシュフィールドは領収書・経費ファクタリングに特化したファクタリング会社です。とりわけ現金化のスピードは速く、最短15分で入金されます。土日祝日も夜8時まで営業しているため、思い立った際にすぐ利用しやすいのも魅力です。在籍確認は行わない方針のため、会社にファクタリングの利用を知られたくない人でも安心して利用できます。金融ブラックの人からの申し込みにも柔軟に対応している業者です。手数料は20%~と、業界でも低水準に設定しています。

トーマス

トーマスは携帯代、立て替え経費、交通費の現金化に対応しているファクタリング会社です。24時間365日ネット申し込みに対応しているため、忙しい人でも利用しやすいといえます。電話での相談も可能です。また、審査スピードについても高評価です。最短15分で審査が終了します。契約はオンラインで完結するため、家族や同僚に知られることはありません。金融ブラックOK、在籍確認不要など、利用しやすい領収書・経費ファクタリングの条件を満たしています。

ラピス

ラピスは完全オンライン対応のファクタリング会社です。2者間で契約が完結し、情報の管理も徹底しているため、領収書・経費ファクタリングの利用を他の人に知られることはありません。利用手数料は業界最低水準の20%。タイミングによっては、キャンペーンでさらに10%オフで提供していることもあります。LINEでの相談にも対応しているファクタリング会社のため、くわしいことが知りたければ気軽に連絡してみてください。

atom(アトム)

atom(アトム)は領収書・経費ファクタリングを行っているファクタリング会社のなかでも、特に評価が高い業者です。最短15分の審査、金融ブラック対応、土日祝も対応、在籍確認不要と、利用のしやすさは申し分ありません。標準の手数料20%~ですが、キャンペーンでさらに最大10%オフになることがあります。少しでもお得に利用したければ、このタイミングを狙うのがおすすめです。メール、LINEでの相談に対応しています。まずはLINEでガイダンスを受けてみてはいかがでしょうか。

クイックペイメント

クイックペイメントは法人・個人事業主のファクタリング依頼に対応しているファクタリング会社です。基本は、法人向けの売掛債権買取サービスが中心ですが、領収書の買取にも対応しています。プライバシーの遵守を約束しているため、ファクタリングの利用を周りに知られたくない人にとっても安心です。ホームページの案内は法人の2社間ファクタリング・3社間ファクタリングが中心となっていますので、領収書・経費ファクタリングについてくわしく知りたければ、実際に問い合わせてみてください。

オールファクター

オールファクターは即日現金化を強くアピールしている経費精算ファクタリング会社です。ホームページでは「経費として精算できるものであれば何でも受付可能」と明記されており、対応の柔軟さが伺えます。土日祝も夜8時まで対応、在籍確認なし、金融ブラックOKと、利用のしやすさは十分です。アルバイトや派遣社員の方でも利用可能です。ボーナス時の経費買取にも対応しています。また、手数料は破格の7%~。実際の手数料設定は経費の内容や額にもよりますが、少しでも手数料が低い領収書・経費ファクタリングをお探しの方におすすめ業者といえます。

領収書・経費ファクタリングついてのまとめ

経費の立て替えが頻発している場合やお金がない時に経費を立て替えることになってしまった時、お金に困っていることを会社に知られたくない時は領収書・経費ファクタリングの利用を検討してみてください。一般的な融資に比べて手数料は高額ですが、入金スピード、審査ハードルの低さから利用しやすいサービスです。まずは、今回ご紹介した業者に相談してみてはいかがでしょうか。

給料ファクタリングを解説の記事一覧

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.