事業主向けx個人向け

ファクタリング取引の種類

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

ファクタリング取引の種類

ファクタリングは対象となる売掛債権の種類などに応じていくつかの種類に分かれています。
ここでは大きく以下の5種類に分けて、それぞれの特徴について詳しく解説していきます。

5種類のファクタリング

・一括ファクタリング
・医療ファクタリング
・保証ファクタリング
・国際ファクタリング
・でんさいファクタリング

尚、一括ファクタリングはさらに「2社間取引」と「3社間取引」の2種類、医療ファクタリングについても「医療報酬債権ファクタリング」「介護報酬債務ファクタリング」「調剤報酬債務ファクタリング」の3種類に分けることができます。それぞれ順を追ってみていきましょう。

一括ファクタリング

一括ファクタリングとは、ファクタリング利用企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却して資金調達する取引です。一括ファクタリングには次の3社間ファクタリングと2社間ファクタリングがあります。

■ 3社間ファクタリング
3社間ファクタリングは売掛先企業から債権譲渡について承諾を得た上で、ファクタリング利用企業がファクタリング会社に売掛債権を売却して資金調達する方法です。ファクタリング会社は売掛先企業から直接資金を受け取るために未回収リスクが低くなります。 そのため審査が通りやすく手数料も低いのが特長です。ただし、承諾が必要な分だけ資金調達までに時間がかかり、取引先に資金繰り悪化を懸念される可能性があります。

■ 2社間ファクタリング
売掛先企業からの承諾不要で、ファクタリング利用企業とファクタリング会社の2社間で契約が締結されるのが2社間ファクタリングです。売掛先企業はまずファクタリング利用企業に対して入金し、その資金を利用企業がファクタリング会社に支払いことになります。
その未回収リスクが高いゆえに利用手数料は3社間ファクタリングよりも高く、審査も厳しくなります。一方で取引先に知られることなく資金を調達できます。

医療ファクタリング

医療ファクタリングは「国保連(国民健康保険団体連合会)」や「社保(社会保険医療基金)」によって医療機関宛てに支払われる診療報酬(医療債権)をファクタリング会社に債権譲渡し、支払い日前に医療機関が資金調達できるサービスです。このサービスによって医療機関は通常2ヶ月近くかかる診療報酬をすぐに資金化することが可能になります。

医療ファクタリングにはファクタリング会社が買取る医療債権の種類により次の3種類に分けることができます。

・医療報酬債権ファクタリング(病院やクリニックなどの医療機関が有する債権が対象)
・介護報酬債務ファクタリング(介護機関や老人ホームが有する債権が対象
・調剤報酬債務ファクタリング(調剤薬局が有する債権が対象)

医療ファクタリングのメリットはまず国保連や社保など信用リスクのない機関の債権を対象としているため、審査が早くてすぐに資金化できる点が挙げられます。また信用リスクが実質ゼロであることから手数料も非常に安く設定され、ノンリコース(償還請求権なし)です。

反対にデメリットとしては、ファクタリング会社に未回収リスクはないものの、診療報酬が認可されないというリスクがあります。そのため平均的な掛目が80%程度になる点が挙げられます。また、資金調達を短縮できる期間が最長でも2ヶ月という限界がある点もデメリットになります。

保証ファクタリング

主に建設業で利用されているのが、保証ファクタリングです。保証ファクタリングは売掛債権の買取りではなく、売掛先が倒産などにより売掛金が回収不能になってもその支払いをファクタリング会社が保証してくれるサービスです。着工から竣工して工事代金が入金されるまでの期間が長い建設業では入金までに売掛先が倒産などで代金未回収となるリスクがあるため、このようなサービスが提供されています。

保証ファクタリングのメリットは売掛先企業が倒産しても確実に売掛金を回収できる点の他、取引先の与信管理を自らする必要がない点や取引先に知られずにサービスの利用が可能な点があります。一方、デメリットとなるのは買取り型ではないために売掛債権の早期の資金化にはならない点が挙げられます。

国際ファクタリング

日本国内にある輸出企業が海外の輸入企業に対して有する売掛債権を回収できるようにファクタリング会社が支払い保証するのが、国際ファクタリングです。国際ファクタリングを利用すると万が一輸入企業が支払い不能や遅延となっても輸出企業はファクタリング会社から代わりに代金の支払いを受けることができます。

国際ファクタリングのメリットとしては、海外バイヤーの支払い能力などに対する信用調査を現地のファクタリング会社が代行してくれるため、与信管理の手間を省ける点にあります。また輸出入で利用される手続きが厳格なL/C取引(信用状取引)が不要となるため、販路拡大が見込める点や時間の節約といった点でもメリットになります。

反対にデメリットとしては国際ファクタリングを取り扱う会社がメガバンク系のファクタリング会社に限定されているため、L/C取引よりも割高な手数料が挙げられます。

でんさいファクタリング

売掛債権や手形などを電子化した「電子記録債権」は「でんさい」と呼ばれ、「でんさいネット」と呼ばれるインターネット上で自由に譲渡・割引・分割をすることができます。でんさいファクタリングとは、電子記録債権をファクタリング会社が買取ることでファクタリング利用企業が資金調達できるサービスです。

でんさいの場合、債権の譲渡や割引をした企業に対してそれを受けた企業は代金が未回収となった場合に償還請求権(リコースといいます)を持つことになります。しかし、でんさいファクタリングではファクタリング会社による買取りであるため、このような償還請求権が生じません。その一方ででんさいネットへの登録が必要な点や取引先企業に債権譲渡の事実を知られてしまう点はデメリットになります。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.