事業主向けx個人向け

審査のポイント

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

審査のポイント

審査のポイント

売掛債権が本当に実在するものか
売掛債権が実在しているかどうかは真っ先にどのファクタリング会社でも確認されるポイントです。中には実在しない架空債権をファクタリング会社に買い取らせようとする悪徳な企業の場合が申し込んでくる場合があるからです。

売掛債権の内容も合わせて確認され、提供される商品やサービスが不明瞭なものでないかが見られます。売掛債権の実在性を確認するために成因資料と呼ばれる契約書や請求書の提出が求められます。

売掛債権が回収可能か
売掛債権が実在するものかが確認されても、期日までに回収できるものかどうかは最も重要なポイントになります。そのため売掛先企業の信用力や財務状況、業績分析などがおこなわれ、支払能力について審査されます。

売掛先企業の財務状況が著しく悪い場合には未回収リスクが高い債権として認識され、審査が通貨しない場合もあります。また、回収見込みがゼロではないものの、リスクが高いと判断された場合には手数料が高くなることも考えられるでしょう。

売掛債権には持続性があるか
売上には大きく2つに分けることができます。単発の売上と継続的な取引からの売上です。後者の継続的な売上による売掛債権のほうが、安定した取引関係をベースにしており、資金回収の確立も高いと考えられます。

また、そのほうがファクタリングによって売掛債権の回収が前倒しになってもファクタリング利用企業の財務状況に対する影響度合いが小さいとも考えられることになります。さらに持続性という意味では売掛先企業が新規の取引先の場合には未回収リスクも高いとされます。

利用者の誠実性や信頼度は問題ないか
利用者である経営者や代表の誠実性や信頼度をチェックするために面談が設定されます。審査については主に売掛先企業や売掛債権に対しておこなわれるものの、利用者の人柄も重要視されています。

面談時に誠実に対応する人物か、情報の提供に積極的に協力し説明に矛盾がないかなどが見られています。特に2社間ファクタリングでは、利用企業が代行して売掛債権の回収にあたり、ファクタリング会社に支払われますので利用者の姿勢や人柄はとても重要だと考えられるようになっています。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.