事業主向けx個人向け

審査通過のためのポイント

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

審査通過のためのポイント

ファクタリング会社の審査は銀行融資に比べると緩いと言われていますが、それでも審査落ちになる可能性はゼロではありません。審査では主に売掛先企業についてチェックされます。売掛先企業の財務状況や信用力については如何ともしがたいですが、申込み企業側では審査に通りやすくするためのコツのようなものは存在します。そこで審査通過を勝ち取るためのポイントについてご紹介していきます。

審査のための必要書類を漏れなく準備
ファクタリング会社に申し込むと審査に必要な書類の提出が求められます。審査に必要な書類には売掛先企業との基本契約書や請求書に始まり、登記簿謄本、法人印鑑証明書、法人税確定申告書などがあります。その中でも登記簿謄本や印鑑証明書は法務局で取り揃える必要があるため、時間がかかる場合もあります。

従って必要書類を予め用意しておくと審査も滞りなく進められます。特に準備に時間のかかる書類は予め用意しておかないと即日買取りによる資金調達を希望する場合には難しくなってしまいます。また、全ての書類を過不足なく揃えてスムーズに提出できれば、審査に対して協力的であるということで審査担当者からの印象も良くなります。。

売掛債権の期日到来が近いものから選んで売却
もし複数の売掛債権がある場合、できるかぎり入金日(支払期日)の近いものから選んで売却依頼すると審査に通る確率が上がる可能性があります。その理由としては、売掛債権の期日到来が近いもののほうが、ファクタリング会社にとっての未回収リスクを減らすことができるとされているからです。

継続的な取引企業の売掛債権を選んで売却
複数の売掛債権がある場合には期日到来の近いものだけでなく、どのような売掛先企業かによっても審査の通りやすさは異なります。これまでの取引関係が長く、継続的に取引してきた企業の売掛債権のほうが単発の売掛先企業や新規の取引企業の売掛債権よりも審査担当者の印象は良くなります。

審査基準が緩いファクタリング会社を選ぶ
もし、個人事業主や小口の売掛債権の買取を希望している場合は審査基準の緩そうなファクタリング会社を選ぶことも大切なポイントです。ファクタリング会社には銀行系、ノンバンク系、独立系と分かれていますが、最も審査が厳しいとされているのが銀行系のファクタリング会社です。

反対に独立系のファクタリング会社の場合、資金力や事業規模も実に多様です。その中には個人事業主や少額のファクタリングに対応しているところもあります。そのような会社の場合は先ほどの銀行系よりもはるかに審査基準は緩い傾向にあります。申込者の属性や買取を希望する売掛債権の額によって申し込むファクタリング会社を変えることも審査通過のための重要なコツになります。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.