事業主向けx個人向け

他社からの乗り換えを好む理由

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

ファクタリング会社はなぜ他社からの乗り換えを好むのか?

ファクタリングは銀行融資よりも短期間で資金調達できるサービスとして広く活用されています。しかし、手数料の高いファクタリング会社で繰り返しファクタリングを利用することは大切な売掛債権を目減りさせ、長期的にみると資金効率が悪くなります。

費用負担が重い会社を利用している場合には費用の低い会社に乗り換えることが有効です。また、ファクタリング会社のほうでも実はそのような乗り換えは好まれています。そこでその理由と乗り換えすることで得られるメリットについてお伝えしていきます。

他社からの乗り換えが好まれる理由

手数料を安く設定しているファクタリング会社は、他社よりもそれだけ獲得できる利益が削られることになります。しかし、実際にはファクタリングの利用実績のある顧客が乗り換えのために
申し込みをしてきた場合、ファクタリング会社にとっては提示する手数料を低くしてでも獲得したい顧客になります。

ファクタリング会社が他社からの乗り換えを好む最大の理由として、ファクタリング利用実績が多い顧客ほど売掛債権の「未回収リスク」が低くなると考えられるからです。特に2社間ファクタリングの場合にはこの傾向は強いと言えるかもしれません。

2社間ファクタリングの場合、売掛先企業から売掛債権を回収するのはファクタリング利用企業になります。ファクタリング利用企業は入金を受けるとその代金をそのままファクタリング会社に振り込まなければなりません。

しかし、資金繰りに窮している会社の中にはその資金をファクタリング会社に入金せずに使い込んでしまうケースがあります。過去にファクタリングの利用実績がある会社で、特に何度もファクタリングを継続利用して実績が多い会社の場合、しっかりと入金してきたからこそファクタリング会社との取引が継続できたことになります。

つまり、利用実績が多いということは、それだけファクタリング会社による与信を多く得ていることに加え、さらに持ち込まれた売掛債権が問題なく回収・(利用会社からファクタリング会社への)支払いがあったことの証明にもなっているわけです。顧客の過去の利用実績は一種の信用履歴となっており、ファクタリング会社にとっての未回収リスクを下げる要因と考えられているのです。

乗り換えで得られるメリットとは?

ファクタリング会社を別の会社に乗り換えることで得られるメリットは手数料交渉が有利になり、手数料を低くできる可能性があることです。既にお伝えしたように他社で過去に数ケ月でもファクタリングの利用実績があるということは、回収代金を使い込んだり、着服せずにしっかりと入金したことの証明になります。

また、そのような利用実績のある顧客から持ち込まれた売掛債権についても、売掛先企業の信用度に対して一定の評価が得られやすいと言えます。それはやはりそのような売掛先企業からの入金がしっかりとされてきたことの証明にもなっているからです。従って、乗り換え相談の際には手数料交渉の面で非常に有利な展開に持ち込める可能性が高いわけです。

取引実績を作るコツはあるのか?

乗り換えで有利に手数料交渉するには取引実績があることは大きなポイントになりますが、取引実績を作るにはコツもあります。それは以下のようなポイントです。
・売掛先の信用度が高い売掛債権を買い取ってもらう
・入金サイクルの短い売掛債権を持ち込む
・特定の(同一の)ファクタリング会社で取引を継続する

最初の2つのポイントに共通するのは、初回の時からファクタリング会社が無理なく買取りに応じてくれるような債権を持ち込むということになります。また、3つ目のポイントも非常に重要な点となります。

銀行やカード会社のようにファクタリングの利用実績は信用情報機関を通じて他社と共有されることがありません。そのため継続した取引実績を作るには、特定の会社との取引に絞ることが重要になってきます。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.