事業主向けx個人向け

審査NGとなる本当の理由

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

ファクタリングの審査で知っておきたいNGとなる4つの理由とは?

ファクタリングは銀行融資などに比べると審査が緩くて通りやすいといわれています。しかし、中には審査落ちとなってしまう場合があります。銀行融資を断られたり、急に資金が必要になってファクタリングの申込みを検討中の企業や個人事業主の場合、審査落ちは是非とも避けたいところではないでしょうか。そこで今回はファクタリングの審査に落ちる理由や避けるべきと考えられる4つの理由についてご紹介していきます。

売掛先の信用力に問題がある場合

売掛債権を支払う売掛先企業に何か問題がある場合になります。

【売掛先企業の業況や財務能力が悪い場合】
ファクタリング会社にとって売掛債権の回収可能性は当然のことながら、売掛先企業の財務状況や業績に密接に関わってきます。これらの点が審査された結果、貸し倒れリスクが高いと判断された場合には審査で落ちたり、リスクに応じて買取可能な額が引き下げられる可能性もあります。
同様にその企業の信用情報の内容からその企業に過度の借入があったり、延滞や返済不能が判明した場合にはまず審査に落ちると考えたほうがいいでしょう。

【売掛債権の支払期日が長い場合】
売掛債権の支払期日が長い場合にも審査落ちの可能性があります。ファクタリング会社のほうでは、支払期日が長ければ回収までの資金繰りが悪化したり、未回収となるリスクも高くなると考えられるからです。

【売掛先企業の業種に問題がある場合】
売掛先企業が反社勢力や性風俗業界の場合、まず審査に通ることはありません。信用力が全く無いことや売掛債権の未回収リスクが著しく高いためです。

ファクタリング会社の利用条件を満たしていない場合

ファクタリング会社にはそれぞれ独自の利用条件があります。買取を申し込んだ企業や個人事業主の保有する売掛債権だけでなく、その企業や事業主自身がファクタリング会社の条件に合わない場合には審査に落ちたり、申込み時点で門前払いされる可能性もあります。

【買取り希望額がファクタリング会社の買取可能な上限額・下限額と合わない場合】
ファクタリング会社ではそれぞれ買取可能な上限額や下限額が異なります。例えば、億単位での大口買取に対応する会社もあれば、10万円からという小口買取に対応する会社などがあります。

500万円以上の買取に対応するとしている会社に100万円の売掛金の買取を申し込んでも、対応してくれません。また、反対に1,000万円までの買取が可能としている会社に1億円の売掛債権を買い取ってもらうことも不可能です。まずは自社の希望する買取額に対応してくれる会社を選ぶことが重要になってきます。

【個人事業主未対応の会社に個人事業主が申し込む場合】
これだけファクタリングによる資金調達方法が広く活用されている現在においても個人事業主に対応していないという会社は数多くあります。個人事業主に対応していない理由は各社で異なりますが、最大の理由は売掛債権の未回収となった場合の法的な対応が困難になるリスクが大きいからです。審査で落ちる可能性の高いとわかっている会社に申し込むのは時間の無駄ですし、資金繰りが間に合わなくなる可能性もあります。

売掛債権の実在性が疑われる場合

審査に申込む際に成因資料を提出できなかったり、成因資料の内容不備などがあるとまず審査には通りません。成因資料とは買取対象となる売掛債権が実際に存在することを証明するような資料のことです。該当する例としては、「契約書」や「発注書」などがあります。申し込む際には内容的に問題のない成因資料をしっかりと準備しておく必要があります。

ファクタリング申し込み企業側に問題がある場合

審査でNGとなるのは、売掛先企業側の問題ばかりに限りません。一般的にファクタリングを申し込む側の財務状況や業況などは審査にほぼ影響しないとされています。しかし、それ以外の要因で審査に通らないことがあります。

【経営者の人柄や誠実性が問題となる場合】
ファクタリングの利用企業の経営者にモラルがなかったり、審査に必要な成因資料の提出に非協力的など誠実さに欠ける場合には審査に悪影響を与えます。経営者側の人柄や誠実さはファクタリング会社の売掛債権回収には直接影響しないとはいえ、審査結果が厳しいものになる可能性もあります。

【極度の経営不振や多額の債務がある場合】
あまりに経営状態が悪化していたり、多額の債務で明日にでも倒産しそうな確立が高い企業が申し込んできた場合には審査に落ちる可能性が非常に高くなります。特にファクタリング会社が恐れているのは二重譲渡などの不正や売掛債権の回収前に利用企業が倒産することです。

極度の資金不足に陥っている会社の中には申し込む会社とは別のファクタリング会社にも同じ売掛債権の買取依頼をするところがあります。また、ファクタリング会社が回収する前に利用企業が倒産すると特に2社間ファクタリングなどの場合には資金回収が非常に困難になります。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.