事業主向けx個人向け

広告代理業

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

広告代理業

広告代理業は主にテレビCMや新聞の他、ウエブメディア向けなどに商品やサービスを広く知ってもらうための広告活動をサポートする業界です。製造設備や不動産物件への多額の資金投入が必要な製造業や不動産業などと異なり、事業コストは少なくて済みます。

そしてその大半が営業やクリエイターなどへの人件費が占めています。広告を依頼する企業は売掛先企業としては安定している大手企業も多く、未回収リスクも他の業種よりも低いため、ファクタリング会社からの評価も高めです。しかし、実際には広告代理店の大半は大手や中堅の広告会社の下請けというのが実態であり、発注元の広告会社から下請けに入る収入は大きく削られていきます。

また、一度受注すると入金までに広告作成費用のコストの持ち出しが必要になるケースも多く、人件費や自社の広告宣伝コストなどと合わせて、資金面では余裕がないという広告代理店も少なくありません。そんな中でファクタリングを活用して資金調達した広告代理業者の事例をご紹介していきます。

・会社/個人事業主: M社(広告代理店業)
・ファクタリングの取引タイプ:2社間ファクタリング
・調達できた額:1,000万円

M社は企業の宣伝用ウエブサイトや新製品・サービスの宣伝プロモーション動画の作成を扱っているウエブ専門の広告代理店です。このたび大手健康器具メーカーから新製品の販促用ウエブサイト広告とプロモーション動画の製作を1カ月あたり1,300万円で6カ月間受注しました。

しかし、最初の広告作成費用に1,000万円ほどかかり、その費用を工面する必要がありました。受注した契約の最初の入金が、翌月末となっているため、費用を回収するまでの期間の資金としてファクタリングの利用を検討しました。

ファクタリング会社の担当者からは売掛先企業が全国的にも有名な健康器具メーカーであり、財務状況も良好であったことから売掛債権として高い評価を得ました。そのおかげでファクタリングの手数料もその会社で2社間ファクタリングとしては最安の10%という低い料率を提示されました。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.