事業主向けx個人向け

調剤薬局業

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

調剤薬局業

調剤薬局は医療機関が発行する処方箋で処方し、患者が3割程度を負担した残りをレセプトと呼ばれる請求書類とともに保険組合に請求します。そして保険請求が認められて現金となるまで およそ2ヶ月から3ヶ月ほどかかります。

ただし、請求内容に不備がある場合には差し戻しとなってしまい、その場では請求が認められません。再請求をおこなう必要が出てくるため、その分だけ現金化が遅くなります。

調剤報酬債権は支払機関が「国保連(国民健康保険団体連合会)」や「社保(社会保険医療基金)」であるため、請求さえ認められれば未回収リスクがまずありません。そのためファクタリング会社からは信用度が高い債権とされるため審査に通りやすく、さら手数料も低く設定されます。

それでは次に薬局営業者のファクタリング活用事例をご紹介していきます。

・会社/個人事業主:薬局K(個人事業主)
・ファクタリングの取引タイプ:調剤報酬ファクタリング(3社間ファクタリング)
・調達できた額:900万円

調剤薬局を営むKさんは少し離れた医療クリニックの患者のための処方薬を中心に市販薬や健康食品を販売しています。このたび薬局のすぐそばに比較的規模の大きいクリニックが営業を始めることになり、開業前にその院長の挨拶を受けました。

予想される患者数などについて院長からの話があり、その内容から処方箋の販売が今の取扱高の2倍以上の販売量になることがわかり、新たに薬剤師2名と事務員2名程度を採用する必要が出てきました。またインスリンなどの高額な薬の取扱いも必要となり、在庫確保のための資金も必要になりました。

そこで調剤報酬ファクタリングが使い勝手がいいという話を知り合いの薬局から聞き、早速実績があると評判のファクタリング会社に申し込みました。すると3社間ファクタリングですぐに話がまとまり、すぐに国保や社保にも連絡を取ってくれました。承認までには多少の時間がかかりましたが、無事資金の提供を受けて新体制の構築に成功しました。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.