事業主向けx個人向け

運営歴と信頼性は比例する?

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

ファクタリング会社の運営歴(業歴)で信頼性を評価できるか?

ファクタリング会社を選ぶ際に何を物差しとするかは利用する会社や事業者によって異なります。ただし、ファクタリング会社の信頼性があるかどうかはどの利用者にとっても重要なはずです。そこで信頼性をはかる上で運営歴や業歴は参考になるかについてお伝えしていきます。

ファクタリング会社の運営歴と信頼性との関係は?

まず結論から先に申し上げると、運営歴の長さはファクタリング会社を選ぶ際に重要な信頼性をはかる上である程度までは参考になると言えます。銀行系のファクタリング会社を除けば、日本国内の独立系ファクタリング会社はほぼ2000年以降に設立された会社ばかりです。

運営歴が長いということは、それだけ長い期間業界内にとどまり、それなりの実績を積んできたということになります。そうなればファクタリングサービスを提供する上で必要になる運営ノウハウだけでなく、審査能力や資金提供をする顧客側の業界についての知識も蓄積されていきます。

審査ノウハウの蓄積はファクタリング会社の信用リスク分析のスキル向上に資するだけでなく、スピードという面で顧客にメリットとなってきます。また、ファクタリングでは資金調達だけでなく、経営に必要な資金管理やノウハウなどの経営相談に応じる会社もあります。

しかし、運営歴だけがファクタリング会社の信頼性をはかる尺度とは限りません。その理由を次に説明していきます。

運営歴だけではわからないファクタリング会社の信頼性

ファクタリング会社の信頼性をはかる上で、運営歴の長さは一定の評価ポイントになることをお伝えしましたが、信頼性をはかる尺度はそれ以外にもあります。それはファクタリング業界に進出してくる際の前身事業とその業歴です。

例えば、ファクタリング会社の中には業界に参入する前に手形の割引業務を長年おこなっている場合があります。手形の割引業務には企業の信用力や財務状況の分析などをおこない、不渡りになる手形の割引を引き受けることは避けなければなりません。

そのような前身となる事業における業務経験や実績を通じて、ファクタリングサービスに類似した金融サービスに関するスキルやノウハウを既に持っていることになるのです。つまり、このような前身事業においての経験がある場合、単にファクタリング会社をスタートさせてタイミングの違いとも言える場合があるのです。

また、信頼性は他にも財務基盤やコンプライアンス体制がどれくらいしっかりしているかという点にも現れます。銀行系ファクタリング会社は親会社である銀行グループということで財務基盤はファクタリング会社の中で最もしっかりしています。また、銀行からの出向も多く、長年金融庁検査対応など国が求めるコンプライアンスや金融行政についての深い理解があります。

信頼性以外にも重要なこと

信頼性はもちろんファクタリング会社選びでは大切ですが、それ以外にも重要な点はたくさんあります。例えば、買取りを希望する売掛債権やファクタリングの種類を取扱っていなければ、どんなに信頼性のある会社であっても意味をなしません。希望するサービスの提供があるかどうかはとても重要になってきます。

銀行ファクタリング会社は信頼性という面では魅力がありますが、2社間ファクタリングの取扱いがなく、3社間ファクタリングのみの取扱いとなっています。非常に急ぎでの資金調達が必要にもかかわらず、審査や手続きに時間のかかる3社間ファクタリングしか取扱っていなければ、どんなに信頼性があってもニーズにマッチしていないことになってしまいます。

同じことは少額買取りや手数料の安いサービスを望む利用者にも言えることです。会社選びでは総合的に様々な点から評価して絞り込んでいくことが大切になってくるでしょう。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.