事業主向けx個人向け

個人向けファクタリングの再契約はできる?再契約事情の口コミなどをご紹介!

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

お問い合わせ・ご質問はこちら

個人向けファクタリングの再契約はできる?再契約事情の口コミなどをご紹介!

給料ファクタリングや経費・領収書ファクタリングを利用したことがある方は、再契約を考えたことがありますか?今まで個人向けのファクタリングを利用したことがない方には再契約がどんなものかわからないことも多いと思いますが、再契約をすることで得られるメリットがあります。

今回は個人向けファクタリングの再契約について、口コミなどから体験談をご紹介いたします。再契約がどのようなものかもご紹介しますので、個人向けファクタリングの再契約に興味がある方は是非ご一読ください!

個人向けファクタリングを再契約するメリット

まずは個人向けファクタリングを再契約するメリットについてご紹介いたします。

再契約を考えている方はもちろん、再契約という言葉を初めて知ったという方も参考にしてみてくださいね。

審査が簡単になる

給料ファクタリング、経費・領収書ファクタリングなど、どの場合であっても個人向けファクタリングを利用する際には審査が行われます。ほとんどの個人向けファクタリングは審査が非常に早いという特徴がありますが、共通して必ず用意しなくてはならない提出書類があります。

提出書類は身分証明書や給与明細などのほか、経費・領収書ファクタリングでは領収書やレシートがあります。

初めて利用する場合は電話越しでの口頭質問などを行っている業者もありますが、同じ個人向けファクタリング業者を利用する場合は、前回の情報や支払いをしたという信頼関係が築かれているので、2回目以降は提出書類が減ったり審査が早く済む、より早く現金化ができるなどのメリットがあります。 中には再契約でも初回と同じ書類の提出を求められることもありますが、多くの業者は提出する書類の数が減る傾向にあります。一度しか利用しないのであればそれ程でもないかもしれませんが、複数回利用する場合は都度準備が必要になるので非常に手間がかかります。

手数料の交渉が可能になる

個人向けファクタリングには一般的な金融サービスでいうところの利子がありません。代わりに手数料が必要になります。

手数料は契約内容や属性(社員、アルバイトなどの立場を指す)、利用状況に応じて変動することがあります。

前回利用した分の支払いをきちんと済ませていれば、個人向けファクタリング業者が信頼して手数料を減らしてくれる可能性が出てきます。ただし、どこの個人向けファクタリング業者でも行っているわけではないので過度な期待は禁物です。

再契約をする場合は、手数料について交渉してみても良いかもしれません。

買取額の交渉が可能になる

個人向けファクタリング業者は企業向けファクタリング業者に比べて、非常に少ない金額からでも利用が可能です。一般的には複数の利用プランが用意されており、利用者が希望するプランに合わせて契約することができます。

再契約では前回の契約内容や支払いの状況に応じて、一般的には用意されていない金額のプランを利用することができるようになることもあります。

こちらも手数料と同じく、全ての個人向けファクタリング業者が行っているわけではありませんが、もっと多くの金額プランを利用したい場合は再契約のときに業者に尋ねてみることをおすすめします。

個人向けファクタリング再契約に関する口コミ

それでは個人向けファクタリングの再契約に関する口コミや体験談を掲示板からご紹介いたします。

給料ファクタリングの口コミ

※給料ファクタリングは廃業や撤退などですでに営業が終了しているところが多くなっています。これから新たに利用するのであれば、経費・領収書ファクタリング業者が営業を続けているか確認してください。

‟122名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/02(月) 14:04:21.89ID:wjymE3yla

>>118

ENZO再契約今朝お願いしてもう振り込まれましたよ

254名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/03(火) 14:59:12.93ID:KtuNjJQLM>>272

でもビアペイ遅れたら二度と再契約できないよ

438名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/05(木) 12:03:51.36ID:F7f8Geh30

>>408

確かに太田は対応良かったよ。

一日遅れたら再契約できなくなったけど

546名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/06(金)

12:44:08.06ID:5szLSwzId>>547>>548

ビアペイ再契約しようと思ったらまた給与明細と身分証の提示必要なんだな

在確もまたやるのかな

めんどくさい

547名無しさん@お腹いっぱい。2019/12/06(金) 13:06:08.73ID:SmnmozjEa

>>546

今回再契約でセルフィーも提出させられた

給料ファクタリング情報スレ11

経費・領収書ファクタリングの口コミ

‟11名無しさん@お腹いっぱい。2020/07/22(水) 21:36:02.85ID:p0FpQkja0>>12

アトムで再契約できました。

手元3でした。

在籍なしで1時間くらいで入金

140名無しさん@お腹いっぱい。2020/07/25(土) 16:55:41.28ID:4IRLXu27a>>150

リプレイス早いって言ってたから行ったら、マジくそ早!

15名無しさん@お腹いっぱい。2020/07/23(木) 00:52:30.60ID:Q0AUK+ZDa>>16

アトム、再契約

5→7.3

お願いしたらいけた

113名無しさん@お腹いっぱい。2020/07/25(土) 11:14:11.79ID:ymH6RQPM0>>114

20日に ジャパンからLINEで再契約しませんかって連絡来てた

ここで話題になってないからもう廃業したのかと思ってたわ

給料ファクタリング58

‟35名無しさん@お腹いっぱい。2020/09/21(月) 20:15:26.46ID:VduYgECHa

フリファクはもう何ヵ月も使ってます。

高いのは重々承知ですが、再契約の早さは給料日のチャリ漕ぎには重宝してます。

でも高いよ?うん、高い。

総合入るから今回で最後かな

480名無しさん@お腹いっぱい。2020/10/29(木) 11:21:41.85ID:fykYa3tWH

>>478

今月再契約で13枠行けたぞ

他所が潰れ出してから全く増えなかったが

向こうから増やせると言われたので増やして今月再契約の時まだ増えないかと聞いたら

13枠行けた

648名無しさん@お腹いっぱい。2020/11/16(月) 09:30:04.50ID:oc4rlCZ40

アトムは絶賛営業中や。但し回収のみ。再契約否決。トーマスも。ルネディオ逮捕でこいつらもついでに逮捕されないかなぁ。

給料ファクタリング61

個人向けファクタリングの再契約に関する注意点

個人向けファクタリングを再契約したい場合、いくつか注意点があります。

支払いが遅れると再契約はできない

個人向けファクタリングに限ったことではないかもしれませんが、支払いが遅れると再契約が難しくなります。

ファクタリングは後から支払いをするシステムなので、ファクタリング業者との信頼関係が非常に重要です。もしきちんと支払いが行われなければファクタリング業者には損失しかありません。そのため支払いが一度でも遅れてしまうと、個人向けファクタリング業者は「支払いが難しいのではないか」と疑います。

過去に複数回利用した記録があり、支払いに遅れたのがその内の1回だけだとしても「支払いが遅れた」という時点で信頼は大きく下がってしまいます。これまで再契約できていても、次は再契約ができなくなる可能性があります。再契約をしたい場合は、支払いが遅れないように注意することが重要です。

どこのファクタリング会社でも再契約できるわけではない

一度利用して対応が良かったので再契約をしたいと思っても、個人向けファクタリング業者によっては新規の受付しか行っていないこともあります。

支払いに遅れがなく安定した収入があるにも関わらず再契約ができない場合は、ファクタリング業者側の都合であるかもしれません。

理由として、何度も個人向けファクタリングを利用していることで支払いが行われなくなるリスクを回避するためであることが多いようです。

また、最近は個人向けファクタリングの事業を撤退・廃業するために再契約を受け入れないという業者もあるようです。

最近は様々な個人向けファクタリング業者があるため、最初から再契約を考えている場合は再契約の受付をしている業者に絞って契約をする方が良いでしょう。

ファクタリング会社の中には嘘をつくところもある

もしかしたら、個人向けファクタリング業者と連絡をとっている最中に「再契約も受け付けている」と言われた方もいるかもしれません。しかし、中には再契約を受け付けていないにも関わらず、受け付けていると伝える業者もあります。

再契約を受け付けていると利用者に伝えるのは、確実に支払いが行われるよう促すためです。再契約は支払いが済んだ状態でなければできないので、再契約したい利用者は必ず支払いをするようになります。

ただし、支払いが遅れているのに再契約が可能といわれた場合は注意が必要です。

掲示板などでは、「実際に支払い時期が遅れる旨を伝えた際に、再契約が可能であると言われたにも関わらず、再契約を否決された」という情報もあります。

再契約が可能といわれても、あまり大きな期待はしない方が良いかもしれませんね。

無理に交渉は行わない

個人向けファクタリング業者によって再契約の判断基準は異なります。

過去に利用した業者で再契約が可能だったからといって、別の業者でも通用するかはわかりません。そのため、無理に再契約を迫るようなことは避けましょう。

他の業者では再契約ができたと伝えても、目の前のファクタリング業者にはわかりません。

業者にも都合がありますので無理に再契約を結ぼうとしても効果は薄いでしょう。

再契約を断られた場合は無理に粘るのではなく、再契約を結んでくれる新しい個人向けファクタリング業者に目を向けた方が効率良く目的を果たすことができるでしょう。

また、再契約を断られた場合は、一度自分の収支を見直すことをおすすめします。

個人向けファクタリングは便利なサービスですが、何度も繰り返し利用していると癖になってしまう可能性があります。 可能であれば、自分の出費などを見直して日頃から頻繁に利用しなくてもよい状況にするよう努めましょう。

個人向けファクタリングの再契約ポイント

個人向けファクタリングで再契約をする場合、ポイントが3つあります。

こちらでは再契約時のポイントをご紹介いたします。

複数のファクタリング会社を比較すること

再契約が可能だからといって、1社のみに見積もりや審査を依頼していませんか?

複数の業者に申し込みをして1社しか審査が通らなかったなどの理由を除き、個人向けファクタリングを利用する際は複数のファクタリング業者を比較することをおすすめします。

サービスや契約内容はもちろん、対応が良かった、担当との相性が良かったなどもファクタリングを利用する際には重要です。せっかく利用を決めたのに、担当者の対応があまり良くない、相性が悪いなどの場合、伝えたいことがきちんと伝わらないなどの可能性があっては残念ですよね。

ファクタリング業者との話は金銭に関わることが多いため、自分の意見をしっかり伝えられる相手でなければ満足いく契約ができないでしょう。対応を比較するためにも、複数の業者への申し込みをおすすめします。

再契約はいつから可能?

先述したとおり、再契約の必須条件は「遅れずに支払いを済ませていること」です。

そのため、再契約が可能になるのは前回利用分の支払いを完了させた後になります。

再契約の受付開始時期はファクタリング業者によって異なりますが、最短の場合、支払を済ませた日の午後というところもあるようです。午前中に支払いを済ませ、ファクタリング業者が支払いの確認を終えた午後から再契約を受け付けているというものです。

すぐに再契約をしたい場合は、午前中に支払いを済ませて問い合わせてみると良いでしょう。

再契約を考えている場合は、支払期日を厳守することを第一の目標にすることをおすすめします。

連続の契約には注意が必要

再契約をすると買取金額が増額する業者がある一方、反対に買取金額が下がってしまう業者もあります。間隔をあけず毎月のように利用している方は特に注意が必要です。

「利用者が契約を重ねるほどファクタリング業者は利益が見込める」と思うかもしれません。しかし個人向けファクタリング業者は、連続して何度も利用する相手に対し、「手数料が嵩んで生活が苦しくなってしまうのでは」という可能性を心配しています。

生活が苦しくなると、当然ファクタリング業者への支払いも難しくなるでしょう。

ファクタリング業者は連続した利用ではなく、一時的な利用を促すためにも買取金額に制限を設けています。

買取金額が下がることは相談ではなく強制的に適用されます。

すべてのファクタリング業者が設けているシステムではありませんが、再契約を考えている場合は事前に確認しておく方が良いでしょう。

なお、利用の間隔を1カ月以上設けている場合は、通常通りの契約が可能なだけでなく、買取金額の増額を交渉することが可能です。

これから再契約をしようと考えている方や再契約について初めて知ったという方は、あくまでも緊急時の利用にとどめておくことをおすすめします。個人向けファクタリングを利用する際は支払いの計画などをきちんと立ててから利用しましょう。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.