事業主向けx個人向け

後払い・ツケ払いで厳しい取り立てにあったらどうする?弁護士や司法書士に依頼しよう

ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

後払い・ツケ払いで厳しい取り立てにあったらどうする?弁護士や司法書士に依頼しよう

後払い・ツケ払い現金化サービスは現金調達の新しい手段として重宝されましたが、なかには非常に悪質な業者も存在します。もし悪質な業者の被害に遭った場合は、1人で悩まずに弁護士や司法書士など専門家に相談することをおすすめします。

今回は、後払い・ツケ払い現金化サービスでトラブルにあった際の対処法を紹介いたします。   

悪質な後払い・ツケ払い現金化サービスの問題

後払い・ツケ払い現金化サービス業者には、悪質なヤミ金融業者が数多く存在しています。そのような悪質なヤミ金融業者と利用者とのトラブルが増加しており、弁護士・司法書士に相談するケースも増えています。具体的にどのような被害が報告されているのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

厳しい取り立て行為

後払い・ツケ払い現金化サービスでは、悪質な業者による厳しい取り立て行為が問題視されています。

実際に報告されている被害は、執拗な催促の電話や直接訪問での取り立て、職場・家族への連絡などです。たとえば、返済するまで深夜早朝問わず100回以上電話をかけたり「他の業者から借りて支払え」「直接取りに行く」などと脅したりと日常生活に支障が出るレベルで取り立てを行う業者が報告されています。

このような場合は、個人で解決しようとするとさらに取り立てがエスカレートする可能性があるため、専門家を交えた適切な対応が必要です。

嫌がらせ行為

後払い・ツケ払い現金化サービス業者の取り立てがエスカレートして、嫌がらせ行為に発展する例も少なくありません。

嫌がらせ行為の目的は、恐怖を与えて支払いをさせることです。支払いが滞っている利用者を精神的に追い詰め、なんとしてでも払わせようとします。

最も多い被害例が、勤め先の会社や家族への督促です。勤め先に「金を返せ」と書かれたファックスが数十枚届いたり、家族に「代わりに払え」と電話がかかってきたりなどという被害も報告されています。

なかには、勤め先の会社に債務不履行通知書や内容証明を送る業者も存在し、退職に追い込まれた利用者も存在します。

個人情報の悪用

悪質な後払い・ツケ払い現金化サービス業者と契約をしてしまうと、申し込みの際に提出した個人情報が悪用される可能性もあります。

ヤミ金融業者の場合、名簿業者が潜んでいることがあります。名簿業者とは、お金に困っている利用者のメールアドレスや電話番号、SNSアカウントなどの個人情報を集めてヤミ金業者に販売する業者です。

名簿業者が潜んでいる業者で申し込みをしてしまうと、個人情報がヤミ金融業者へ渡り、ヤミ金融業者からのしつこい営業電話やメールに悩まされることになってしまいます。

最悪の場合は体に危険が及ぶことも

支払いを拒み続けた場合、体に危険が及ぶ可能性があるので注意が必要です。

取り立ては最初、執拗な電話での催促や会社・家族への連絡から始まり、次第に業者が自宅に訪問してきます。

業者は家にいる時間を見計らって訪問してくるので、深夜早朝関係なくドアを何度も叩かれたり玄関のチャイムをしつこく鳴らされたりします。玄関の前で「金を返せ」と怒鳴られることもあり、近隣の人とのトラブルにもつながりかねません。

それでも支払いが滞り続けると、自宅前などで急に身柄を確保され、そのままATMに連れていかれてその場でお金を引き下ろして支払ったという事例もあるようです。支払いが滞ると執拗な取り立てで精神的・肉体的に追い込まれてしまうでしょう。

どんな専門家に相談すべき?

実際、後払い・ツケ払い現金化サービス関連で「会社に連絡された」「家まで取り立てに来た」などの悪質な取り立てや嫌がらせ被害が増加しています。その多くが、悪質な後払い・ツケ払い現金化サービス業者と契約したばかりにトラブルに発展してしまったというケースです。この場合はどのような専門家に相談すべきでしょうか。以下で相談する専門家の選び方や基準を詳しく紹介します。

専門家に依頼すべき理由

後払い・ツケ払い現金化サービスでトラブルに発展してしまった場合は、必ず専門家に依頼をしましょう。個人で解決しようとすると、かえって厳しい取り立てや嫌がらせを受けたり請求額が膨れ上がったりすることが考えられます。

後払いツケ払い現金化サービス業者についての問題を解決したい場合には、警察よりも弁護士または司法書士へ相談がおすすめです。警察は民事不介入の原則があるので、相手が行なった脅迫や恐喝などの証拠を揃える必要があります。そのため、すぐに業者からの取り立てや嫌がらせを止めたい場合には向いていません。

弁護士・司法書士であれば、ヤミ金融業者の違法性を指摘して督促や取り立てを最短即日で止められる可能性があります。さらに、ヤミ金融業者に対して被害金を請求することも可能です。

弁護士または司法書士などの法律専門家は、違法な後払い・ツケ払い現金化サービス業者

にとって都合の悪い存在です。弁護士または司法書士を介すとほとんどの場合、ヤミ金融業者は口座の凍結や刑事告発、事務所の閉鎖を恐れて交渉に応じてくれます。

ヤミ金の対応実績が豊富

依頼をする場合はできるだけ、ヤミ金の対応実績が豊富な弁護士・司法書士に相談をしましょう。ヤミ金融問題は特殊な業務なので、一般的な弁護士や司法書士事務所では取り扱ってくれない場合があります。

即日の取り立てストップに対応しているか、ヤミ金への対応実績が豊富にあるか、債務整理も同時に取り扱ってくれるかなどの点を確認して依頼をすれば、失敗することなく悩みから解放されるでしょう。

報酬を分割対応してくれるか

依頼をする際には、報酬の支払いを分割でも対応してくれるかもチェックしましょう。

弁護士や司法書士に支払う費用(報酬)は大きく分けて、着手金と報酬金の2種類です。

着手金とは、事件の結果にかかわらず依頼時に支払う必要のある金額です。弁護士が実際に事件への対応を始める前に支払います。

報酬金とは、仕事の成功の度合いで支払われる報酬です。完全に不成功な場合は支払う必要はありません。

なお、後払い・ツケ払い現金化サービスの着手金と成功報酬を合わせた額の相場は5万円程度です。報酬の分割対応をしてくれる弁護士・司法書士であれば、お金がなくてまとまった費用がすぐ払えないときでも安心でしょう。

まずは無料相談

弁護士や司法書士に依頼する前にまずは、無料相談を利用しましょう。

弁護士・司法書士事務所のホームページにWeb無料相談フォームが設置されていることが多く、名前、電話番号、メールアドレス、相談内容を記入して送信すると、弁護士・司法書士事務所から折り返しの連絡が来ます。

事情を話すと、すぐに適切なアドバイスや解決策を提案してもらえます。24時間365日、無料相談を行なっている弁護士・司法書士事務所も多いので、急ぎの場合でも安心です。

また、地域によっては無料の相談会が実施されていることもあります。法テラスなど、利用できそうなところを調べてみましょう。

相談する専門家が適切ではないとどうなる?

事件やトラブルへの対応の仕方は弁護士・司法書士事務所によって異なります。一刻も早くヤミ金融業者との縁を切りたいと弁護士・司法書士を選ばずに依頼してしまうと失敗に終わってしまう可能性もあります。

特に、普通の弁護士・司法書士ではヤミ金業者や後払い・ツケ払い現金化業者に対応ができない場合があるので注意が必要です。具体的に、どのような失敗例があるのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

そもそも依頼ができない

ヤミ金問題に対応していない弁護士・司法書士には、そもそもヤミ金問題についての依頼ができません。

ヤミ金問題は他の業務と比べると特殊で、ヤミ金問題を取り扱う弁護士や司法書士が少ないのが現状です。理由として、専門家的にリスクがある、交渉が普通の案件に比べて難しい、報酬と割に合わないなどが挙げられます。

相談をしたのに着手してもらえない場合、再度専門家を探して事情を説明する必要があります。解決までの時間がかかってしまうので、必ずヤミ金問題に詳しい専門家に相談しましょう。

取り立てや嫌がらせが止まらない

弁護士・司法書士選びを失敗すると、取り立てや嫌がらせが止まらないことが考えられます。

特に、即日対応していない弁護士・司法書士だと後払い・ツケ払い現金化サービス業者への返済日間際に依頼した場合、業者への対応が遅れてしまうことが考えられます。

なかには対応まで最長1週間かかる弁護士・司法書士も存在するので注意が必要です。対応が遅れると、事態が悪化してしまう恐れがあります。

このようなケースはスタッフの少ない小規模の弁護士・司法書士事務所に多いので、スタッフの多い大手事務所や、公式サイトに即日対応と書いている弁護士・司法書士への依頼がおすすめです。

元金和解をすすめられる

弁護士・司法書士選びを失敗すると、元金和解をすすめられてしまう可能性があります。

元金和解とは、元金と和解金を支払えば利息の支払いは不要になるというヤミ金融業者からの提案です。弁護士・司法書士などの法律に詳しい専門家が介入すると、多くのヤミ金融業者は元金和解を提案してくるでしょう。

しかし本来、違法な金利でお金を貸し出すヤミ金との契約は法律上無効であり、ヤミ金の借金には返済義務がないので、元金和解しなくても法律的に問題はありません。

ところがヤミ金問題に対応していない専門家の場合は、業者への対応力が低いため元金和解での着地を目指して、同意をすすめる可能性があります。

すでに高額な利息を支払っていた場合は、弁護士・司法書士に依頼したにもかかわらず、元金和解により返済額や借金額がさらに増えてしまうでしょう。

それだけではなく、ヤミ金融業者側に「催促をすればお金を支払ってくれる人」と認識をされてしまい、新たな理由を付けてお金を請求されてしまうことも考えられます。

このような事態を避けるためにも、ヤミ金融業者に強い弁護士・司法書士に依頼をすることが重要です。

なかには業者とグルの弁護士や司法書士も存在する!?

インターネットの掲示板やSNSなどで、「業者とグルの弁護士や司法書士も存在する」などの書き込みが存在します。

しかし、実際にヤミ金融業者と弁護士・司法書士がグルになるケースはほとんどありません。

ヤミ金融業者側が、利用者がこれ以上弁護士や司法書士に依頼をしないようにと書き込んでいる可能性が考えられます。

ネット上やSNSは匿名での書き込みができるため、鵜呑みにしないことが大切です。    

決してやってはいけない対応

利用した後払い・ツケ払い現金化サービス業者が違法性の高いヤミ金融業者だった場合、個人で解決しようとするのは絶対に避けましょう。厳しい取り立てや嫌がらせにとどまらず、体に危険が及ぶ可能性があります。以下では、返済できない際に絶対にしてはいけない対応を解説します。

相手の住所に乗り込む

返済が支払日までに間に合わない場合でも、相手の住所に乗り込むのは絶対にやめましょう。

取り立てや悪質な嫌がらせがさらにエスカレートする可能性があり、最悪の場合は体に危険が及ぶ可能性があります。

ヤミ金融業者はその道のプロということを忘れてはいけません。

借金をして全額返済する

借金をして全額返済をする方法は、逆効果になる場合があります。ヤミ金融業者の理想は、細く長くお金を吸い取り続けることです。

そのため、全額返済しても業者から電話が来て、新しい理由によりお金を請求される場合があります。ヤミ金融業者にも、支払えるお金がある人とのレッテルを貼られてしまい、次から次へと新しい金額を請求される場合があります。

まとめ

後払い・ツケ払いで厳しい取り立てにあったら、弁護士や司法書士に相談をしましょう。ヤミ金融業者への対応は特殊なので、その道に強い弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめです。取り立てや嫌がらせがエスカレートしたり体に危険が及んだりする恐れがあるので、相手の住所に乗り込んだり、借金をして返済するなどの対応は決して行わないようにしましょう。

弁護士や司法書士を選ぶ際は、実績などを重視すると適切な対応をしてもらえるかを判断しやすくなります。

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.