事業主向けx個人向け ファクタリングで資金調達しませんか?

回収する
必要無し    

不良
債権化の
リスク無し     

すばやく
現金化   
可能

ファクタリング会社トラストゲートウェイの評判は?実際の口コミや特徴を紹介

公開日:2022.06.13

最終更新日:2022.06.13

ファクタリング業者には多くの種類があり、どのような業者を選べばいいのか悩んでしまいますよね。ファクタリング業者はオンラインで契約できるものであれば、場所を問わずに利用できることがほとんどです。したがってファクタリング業者は場所ではなく、サービス内容で比較することをおすすめします。

今回は、ファクタリング会社トラストゲートウェイについてご紹介します。

ファクタリング会社トラストゲートウェイの特徴

まずは、トラストゲートウェイがどのようなファクタリング会社かをご紹介します。

トラストゲートウェイの運営会社

会社名株式会社トラストゲートウェイ
代表保坂 伸二
所在地〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-2-42 ケイワン大名402号
設立平成29年2月
営業時間平日10~18時(土日祝・社内規定休日除く)
連絡先お問い合わせ:0120-951-212
TEL:092-712-3366
FAX:092-510-7545
e-mail:info@trustgateway.co.jp

株式会社トラストゲートウェイは、九州の福岡に拠点をもつファクタリング会社です。トラストゲートウェイは全国ではなく、近畿と九州の西日本エリアに特化しています。以前は九州エリアのみでしたが、近畿エリアにまで事業拡大をしました。九州エリアでは特に人気が高いファクタリング業者です。なお、福岡の本社以外に大阪に支社があります。

買取金額

買取金額は10~5,000万円と幅広く対応しています。トラストゲートウェイでは2社間ファクタリング、3社間ファクタリング以外に医療ファクタリングも手がけており、それぞれのファクタリングの種類によって利用できる金額が異なります。

少額での利用希望で、なかなか利用できるファクタリング業者がないと悩んでいる方にとっても利用しやすいでしょう。

手数料

トラストゲートウェイには2社間と3社間の契約方法があるとお伝えしましたが、どちらを選ぶかで手数料も変わります。一般的に手数料は、2社間よりも3社間のほうが安い傾向にあり、トラストゲートウェイも例外ではありません。2社間の場合は4~10%、3社間の場合は3~8%となっています。

そのため、できるだけ手数料を抑えたい場合は3社間ファクタリングを利用しましょう。

トラストゲートウェイの特徴

財務改善プログラムがある

ファクタリングで一時的に財務状況が改善しても、根本の解決にはならないことがあります。トラストゲートウェイでは財務改善プログラムがあり、具体的にどのような改善をすればよいのか、アドバイスを受けることが可能です。慢性的に財務困難に陥っている場合は特に有効でしょう。

リアルタイムで審査通過率が確認できる

トラストゲートウェイの公式サイトでは、直近30日間の平均審査通過率と振込時間を掲載しています。2022年5月時点では審査通過率95%、振込時間は5時間でした。ファクタリングの利用を考えている方は参考としてチェックしてみるとよいのではないでしょうか。

ファクタリング会社トラストゲートウェイの評判・口コミ

実際にトラストゲートウェイを利用したことがある人の意見を、こちらでご紹介します。

「少額利用を希望していたので、なかなか利用できるファクタリングが見つからず困っていました。トラストゲートウェイは最小10万円からなので、私みたいに少額利用でも対応してもらえるのが嬉しいですね。また利用させてもらいます。」(40代 女性)

「九州で会社を経営しているのですが、他のファクタリング業者に比べてトラストゲートウェイは九州での取引に力を入れているとのことで利用させてもらいました。書類などのやりとりが少しややこしかったですが、手数料が安くて振込も早かったのでよかったです。」(40代 男性)

「急な取引があり、どうしても資金繰りが厳しかったので利用させてもらいました。財務改善の相談ができたので、経営状態の改善もできそうです。コンサルタント事業も手がけているだけあって、頼りになりました。」(30代 男性)

トラストゲートウェイの口コミにはポジティブなものが多い一方で、必要書類が多いことを負担に感じているという意見もありました。正確に審査を受けるために必要とはいえ、事務作業に不慣れだと書類提出に苦労することもあるでしょう。

できるだけ余裕をもって書類の用意や確認をしておくことをおすすめします。

ファクタリング会社トラストゲートウェイの利用メリット

手数料が安い

ファクタリングでは、利用の際に利子ではなく手数料が発生します。しかし、どのファクタリングも手数料の高さがデメリットとしてあげられており、相場は2社間が10~30%、3社間が1~10%です。ファクタリング業者側のリスクが高い2社間は、3社間に比べて手数料が高い傾向にあります。

手数料が高くなるほど受け取れる金額が少なくなるため、どちらであっても安く抑えることがポイントです。

トラストゲートウェイは利用金額ごとに明確な手数料の表記がされており、事前にどれくらいの手数料が発生するのか確認できます。また、相場と比べて手数料が全体的に安く設定されているので、トラストゲートウェイのファクタリングを利用するハードルは低いと言えるでしょう。

無料診断があり

トラストゲートウェイは公式サイト内に簡易診断があり、調達できる可能性がある資金額を無料で診断するサービスを設けています。電話番号の入力が不要で利用でき、おおよその会社の信頼性や安定度が診断されるので、ファクタリング業者選びに悩んでいる方は参考にしてみるのもよいでしょう。

また、今すぐファクタリングの利用は考えていないものの、今後利用する可能性がある場合など、事前にどれくらいの資金調達ができるのかを調べられるので、おすすめです。

高い審査通過率とリピーター率

トラストゲートウェイでは、審査率95%と高い確率を誇っています。できるだけ早く資金調達をしたい方には、審査に通りやすいファクタリング業者のほうが安心して申し込みができるのではないでしょうか。

またリピーター率は98%なので、これまでトラストゲートウェイを利用した会社からの評判もいいことがわかります。初めてファクタリングを利用したいと考えている方にとって、リピート率の高さは信頼できるファクタリング業者の証とも言えるでしょう。

追加料金がない

ファクタリング業者の中には、買取手数料だけでなく事務手数料や諸経費などさまざまな手数料が発生する業者もあります。しかし、トラストゲートウェイでは買取手数料以外に追加料金が一切かかりません。そのため、利用時に資金のギャップが少なくて済みます。

ノンリコース契約

トラストゲートウェイは償還請求権がない契約(ノンリコース)なので、もし売掛先の企業が倒産や経営不振により、売掛金の回収ができなくなった場合でも、支払い義務が発生しません。

反対に、償還請求がある契約(ウィズリコース)はファクタリング業者側のリスクが低くなるので、手数料などが安く設定されていることがあります。ただし、万が一に備えたいときにはノンリコース契約でなければ、大幅な赤字になり倒産のリスクを招きます。

より確実に安心を得たい方は、ノンリコース契約を採用しているファクタリング業者を選ぶことをおすすめします。

保証人や担保が不要

前提として、ファクタリングは融資ではないので、保証人や担保がなくても利用できます。そのため、担保を用意しにくい飲食店、小売店、医療関係などでも利用しやすいというのがメリットです。

クラウド契約対応

トラストゲートウェイでは、オンラインで契約が完結するクラウド契約を導入しています。従来のように紙の書類を扱わないことで、より早く、便利に契約を結べるようになりました。オンラインで契約を行うため、対面での応対が難しい場合も利用しやすいでしょう。

医療ファクタリングにも対応

医療ファクタリングでは、診療報酬や薬剤報酬などの売掛金を対象にしています。一般的に診療報酬は振り込まれるまでに時間がかかるため、医療現場によっては負担が大きいものでした。しかし、売掛先が国営機関であることから、信用度は非常に高く、手数料も低くなっています。

医療ファクタリングを利用したいと考えている場合も、トラストゲートウェイがおすすめです。

ファクタリング会社トラストゲートウェイの注意点

ファクタリングにはさまざまなメリットがありますが、一方で注意点もあります。トラストゲートウェイではどのようなことに気を付ければいいのでしょうか。注意点について、こちらでご紹介します。

利用できる売掛先は法人のみ

トラストゲートウェイのファクタリングサービスは、「売掛金を保有する法人企業のみ」を対象にしています。法人企業の場合、決算書がない創立から間もない企業であっても利用可能です。ただし、支払いが遅れているもの、個人からの売掛金は対象になりません。

個人事業主には対応していますが、取引相手が企業ではなく個人の場合は利用できない点に注意が必要です。

大口の取引には不向き

トラストゲートウェイでは、取引の上限額が5,000万円と決まっています。審査次第で1億円までの取引にも対応していますが、実際に利用できるかどうかは審査を受けなければわかりません。そのため、5,000万円以上、特に1億円以上の取引を希望している場合はトラストゲートウェイでは対応が難しい可能性もあります。

対応エリアについて

これまでご紹介してきたように、トラストゲートウェイは九州エリアと近畿エリアに力を入れたファクタリング業者です。対応エリアは全国になっているものの、地域密着型なので、九州エリアと近畿エリア以外の方は利用しづらい可能性があります。エリア外の場合は、別のファクタリング業者を利用するほうがよいかもしれません。

対面での契約が必要な可能性がある

これまでトラストゲートウェイでは原則として対面契約が必須でした。公式サイト内ではクラウド契約対応とされているため、あまり気にしなくてもよいかもしれませんが、会社の状態や取引したい債権の内容などによっては、必要になる可能性もゼロではありません。利用時には念のため、事前に問い合わせておくほうが安心でしょう。

対面契約は時間がない方には手間になってしまうので、デメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、対面契約では実際にどのようなファクタリング業者なのかを見極めるための有益な情報を得る機会にもなりますし、不明点や疑問があればすぐに質問できるなどのメリットが多いのも事実です。

ファクタリング会社トラストゲートウェイのファクタリングの流れ

実際にトラストゲートウェイを利用する際の流れや、必要なものについてご紹介します。

利用までの流れ

利用までの流れはシンプルです。

①問い合わせと相談

まずは、公式サイト内にある申し込みフォームから必要な情報を入力して問い合わせましょう。Web申し込み以外にはトラストゲートウェイの従業員が訪れる、無料出張サービスもあります。

②トラストゲートウェイからの折り返し連絡

トラストゲートウェイから折り返しの連絡が来たら、相談・申し込み内容の確認を行い、必要書類の説明を受けます。(必要書類の詳細は次の項で説明するため、そちらをご覧ください。)

折り返し連絡時に手数料の見積もりなども出してもらえます。売掛金の金額と併せて売掛先の企業についても質問があるため、スムーズに進められるよう準備しておきましょう。

また、このときに契約の内容や審査に関する説明もされます。疑問点や不明点は積極的に質問しましょう。

③買取審査

提出した書類をもとに審査が行われます。トラストゲートウェイは審査通過率が95%と非常に高いので、書類に不備がない限り審査は通るでしょう。審査の書類は郵送やFAXで提出することも可能です。

審査結果はすぐに届くため、見逃さないよう注意してください。

④契約

審査が通り、契約内容に問題がなければ正式に契約の締結に入ります。契約前には取引方法や手数料など具体的なことも説明されるので、よく確認しておきましょう。

また、トラストゲートウェイでは対面での契約が必須のため、問題なく契約できるよう、余裕をもって対応することが大切です。

⑤入金

契約手続きがすべて完了すると、指定した口座に契約した金額が一括で振り込まれます。早ければ契約締結した即日に振込が完了します。

⑥売掛金回収

後日、売掛金の回収ができ次第、契約した金額を一括でトラストゲートウェイ側に入金します。

これでトラストゲートウェイとの契約は終了です。

・審査に必要なもの

  • ・商業登記簿謄本
  • ・印鑑証明書
  • ・代表者の身分証明書・住民票
  • ・決算書コピー
  • ・取引先の基本契約書
  • ・取引履歴書類
  • ・成因資料(発注書・納品書・請求書など)

ファクタリング会社トラストゲートウェイと他社の比較

トラストゲートウェイ A社 B社 C社
資金化までの日数 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
プラン プランなし プランなし プランなし プランなし
手数料 3~10% 5%~ 3~8% 10%~
償還請求権 なし なし どちらでも可 なし
申込方法 Webサイト・メール・電話・LINE Webサイト・メール・電話・FAX・LINE メール・電話 メール・電話・FAX
申請の手続き 担当者のサポートあり 個人で対応 個人で対応 個人で対応
審査通過率 95% 80% 記載なし 記載なし
買取金額 最大5,000万円まで
※初回のみ1,000万円まで
10〜5,000万円 50〜5,000万円 50~1,000万円
個人事業主の申し込み

トラストゲートウェイは高い審査通過率を誇っており、直近1か月の審査率や振り込み速度を公式サイト内に掲載しているので、信頼できるファクタリング会社と言えるでしょう。

振込速度も最短で即日対応しており、できるだけ急ぎで資金調達をしたいときにも便利です。

特に力を入れている、九州エリアや近畿エリアに会社所在地がある方には力強い味方になってくれることでしょう。

またトラストゲートウェイでは、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの他に、医療ファクタリングも対応しています。

2社間では取引先にファクタリングの利用を知られず、スピーディーな資金調達ができます。3社間では取引先の同意が必要なものの、手数料を抑えることが可能です。それぞれのメリットや目的に合わせて取引方法を選ぶことができるところもトラストゲートウェイの強みと言えるでしょう。

まとめ

トラストゲートウェイは九州エリアと近畿エリアに力を入れていますが、全国対応をしているファクタリング会社です。とはいえ、実際にファクタリング会社とやりとりをしたいと考えている方にとっては支社から近いほうが安心できるかもしれません。九州エリアや近畿エリアで信頼できるファクタリング会社を探している方は、一度トラストゲートウェイに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

ファクタリング総合ランキング

ファクタリング総合ランキング

先頭へ戻る

Copyright © ファクタリングで資金調達!おすすめのファクタリング会社・業者徹底比較 Co.,ltd. All rights reserved.